プレフェミンの副作用が心配なら・・・

プレフェミンの副作用が不安に感じますよね。

 

毎月のつらい悩みのPMSの症状の改善をしてくれるのは、西洋ハーブの【チェストベリー】の成分で薬としての有効性、安全性を確認された『プレフェミン』は、薬局などでも取り扱われるようになったPMSに悩む女性に嬉しいお薬です。
月経前の精神的不安定や、頭痛などに対して効き目が高く、それでいて体への負担が少ないことからとても注目されているものです。

 

しかしプレフェミンは薬なので副作用もあるもの。いくら少ない副作用といえど、発疹などの皮膚症状や、吐き気などが起こる場合もあり
パーキンソンの治療をしている人や抗精神薬を服用している場合には、ドパミン系影響を与える可能性から併用は避けた方が良いことと、
ホルモンへ影響を与えるので、妊娠期間中・授乳中の安全性はまだ確認されていないので使用は出来ません。

 

それでもやはりPMSは治したい・・・毎月のうんざりするこれらの症状はちょっとでもよくならないものか・・・
この【チェストベリー】の成分、薬以外でもないのかな?と思った方もいるかと思います。
実はあるんです!嬉しいことですね。
しかも、PMSに対して以外にも、女性ならではの嬉しい効能を期待できる成分も入っているとしたら飲んでみたいですよね。
そこで人気のチェストベリー配合のサプリメントをご紹介します!

 

◆なかなか理解されないPMSの症状を改善してくれる成分を含んだサプリメント◆

 

ルナベリーの特徴

チェストベリーの成分が1粒に40rも配合されていて、更にイライラや憂鬱、もやもやを和らげる「月見草オイル」を配合。 それだけでなく、美容効果も期待できる「亜麻仁油」で女性ホルモンのバランスを整え、さらに9種類のハーブも 心と体をサポートしてくれます。 ビタミンB1、B2、B6、B12、マグネシウム、カルシウム、イソフラボンも含まれているため とても優秀な栄養機能食品としてとてもオススメできます。食品なので副作用の心配もなく飲めます。 PMSだけでなく、女性の体を綺麗にそして健康にしてくれるサプリメントです。 毎月のPMSの悩みを解決して、笑顔で過ごすために「なにもしない」のではなくまずはできることからやってみましょう。

価格 定期コース初回無料!送料のみ500円
評価 評価5
備考 120日間の全額返金保証キャンペーン中♪
 
 

女性のミカタ(すこやか編)の特徴

チェストベリー(チェストツリー)の成分だけでなく、むくみや血流、疲労回復の成分も取り入れたサプリメントです。 ビタミンB1、B6、B12を豊富に含むため、美肌効果も勿論、アンチエイジングにも適しています。 神経細胞の機能維持や、代謝アップが期待できるので、PMSだけでなく、体の中から綺麗になるお手伝いもしてくれます。 副作用の心配もなく、安心して飲めて気軽に始められます。 価格もお手頃価格なので、継続して飲みたい人にもおすすめできるサプリメントです。

価格 定期コース初回980円
評価 評価4
備考
 
 

めぐルナ

めぐルナの特徴

チェストベリーの成分も勿論、高麗人参のエキスや、沖縄伝統農産物指定のクワンソウ(安眠のサポートに効果的)などが入っています。 また乳酸菌は1粒に5000万個も入っているので、お通じに悩んでいる人にもとっても良く、 体本来の持っている美しさを取り戻すために有効的なサプリメントです。 継続することで効果を実感できるので、定期コースがおすすめ。定期コースはお得で送料も無料なのでまずは試してみたところです。 和漢洋の力がぎゅっとつまった1粒、飲んでみて体が変わっていくのを感じてみましょう。

価格
評価 評価4
備考 定期コース初回980
 

 

 

 

PMSの症状はどんなもの?

自分でもどうコントロールすればいいのか悩んでしまうPMS。
イライラしたり悲しくなったり、感情の起伏を自分でも持て余してしまっている人もいることと思います。

 

体の面でも精神的な面にも影響を及ぼすため、毎月生理10日前ほどから症状に悩んでいる人も多いでしょう。
また症状も様々で、なかなか周りに理解されなかったり、男性の多い職場なんかではそのつらさは言えなかったりしますね。
それに加えて、家族や恋人に当たってしまって、自分でも自分が嫌になることも・・・

 

そんなPMSのつらい症状、実はなんと【200種類以上】もあるんです。
身体的には肌荒れや体重増加、ニキビなどの吹き出物や下腹部の張り、頭痛や腰痛、むくみやのぼせ、乳房の張りなどです。
精神的には集中できなくなったり、情緒不安定、イライラしたり張り詰めた気分になり、憂鬱な気持ちになります。
他にも多くのつらい症状を感じている人がいます。
実はこのように不調に気付いていても、PMSだと知っていても
【何もしていない】人は60%もいるんです。
生理前だから仕方ない、これを過ぎちゃえば別になんともない、そんな風に思っている人もいるでしょうし
生理真っ只中では何もしたくない気持ちで 結果、何もしていない人もいることでしょう。

 

 

 

PMSの原因は一体なに?どうすればいいの?

生理前の黄体期と呼ばれる時期に、プロゲステロンというホルモンが分泌されることが原因のひとつと考えられています。
この黄体期は基礎体温を計っているとわかるのですが、体温が高い時期で、およそ月経の始まる2週間前ほどから黄体期に入ります。
※個人差がありますので、自分で基礎体温を計ると自分の黄体期がわかります。
他にも貧血や、機能性低血糖症(プロゲステロンがインスリンの働きを低下させるため、インスリンが過剰に分泌され
結果として低血糖を起こします)※インスリンの過剰分泌は月経前の過食症状や体重増加に影響しています。
エストロゲンの分泌が減少することでセロトニンが減り、精神的な症状として現れると言われています。

 

ホルモンなどの自分ではどうしようもできない体の変化。気合いで治せるものでもありません。
改善するためには普段の食生活でビタミンB6、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、などを取り入れることなどが大切ですが
なかなか自分で考えてそれらを取り入れるというのは大変な事もありますね。その場合にもサプリメントは有効的です。

 

またPMSに悩み、自分で色々検索してプレフェミンを知っていても、チェストベリーの成分の入っているサプリメントは初めて知ったひともいるかと思います。
お薬はその症状を治したり緩和させたりと、つらい症状にに効果を発揮してくれますが、その反面副作用が気になるところ。
サプリメントなら、副作用もなく、症状以外にもうれしい効果が期待できます。
この機会にPMSで悩んでいる人は今回紹介した3つのサプリメントを是非試してみてくださいね!

プレフェミンの効能と副作用について

プレフェミンはチェストベリーのエキスを有効成分にした、女性にとって辛い月経前症候群用の対策に用いる医薬品です。チェストベリーとは南ヨーロッパから地中海沿岸、西アジア地域を原産地とする落葉樹の果実で、古くから生理痛や婦人病を軽減する民間薬として用いられてきた歴史があります。研究結果では女性ホルモンを整える作用を持ち、特にプロゲステロンの分泌を促すことで知られています。医薬品でありながらハーブを主体にした飲み薬ということで安全性も十分にあり、生理前の日常生活に影響を与えてくれるとされます。効能は前述の通り女性ホルモンの調整による月経前症候群の緩和で、主なものには乳房の張りや頭痛、気分の変調によるイライラや怒りっぽい状態を鎮めます。月経前症候群による気分変調によって人間関係が悪化したということも少なからずあるため、仕事中やプライベートの時間で人にあたってしまうようなおそれがある人は十分に注意してプレフェミンを使用すると良いかもしれません。また、子供を産んだ後にも生理は容赦なく起こるので、精神的な症状で上手く子育てできないという女性が服用することで月経前症候群を改善できる可能性があります。プレフェミンは日本で唯一のPMS治療薬ということで安心感もありますし、第一類医薬品として販売されているので購入も気軽にできるのがメリットです。ただし、いくらハーブを主成分にしたものであっても、医薬品である以上は副作用は免れないようです。主に起こり得る副作用としては発疹、発赤、肌のかゆみなど軽度なものですが、場合によっては生理周期の変化や経血量が増えるといった月経異常が起こる可能性もあります。服用は18歳以上の女性で1日に1錠が決まりのため、それ以外の者が服用したり、飲み過ぎないよう注意しましょう。もし、症状の改善がみられても3ヶ月を超えて服用を続ける場合は、定期的に医師に相談して診察を受ける必要があります。

 

 

 

プレフェミンの飲み合わせに注意が必要な薬や食品、飲み物について

プレフェミンとの飲み合わせに注意したい薬は、漢方です。プレフェミンには婦人科系の悩みに効果があると言われているチェストツリーというハーブが配合されていますので、他の婦人科系の悩みに効果が期待できる漢方との飲み合わせは作用が強くなってしまうことがありますので併用しての服用はNGとされています。具体的には「加味逍遥散(かみしょうようさん)」「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」の4種類との飲み合わせは行わないようにしメーカーも注意を促しています。同じ漢方でpmsの改善のために処方される「温経湯」「女神散」「抑肝散」などは併用しても構いませんが、病院で処方されるピルなどもホルモンに影響を与えるので併用はNGです。成分をしっかりとチェックしておくことが重要です。医療機関で処方される薬の場合には精神病治療薬、パーキンソン病治療薬です。プレフェミンに配合されているチェストベリーもこれらの薬も脳内のドーパミンに作用してしまうため、ドーパミン拮抗薬を一緒に服用すると効果に影響が出てしまう可能性があります。
食品や飲み物で注意したいものはチェストベリーやチェストツリーが配合されているものです。プレフェミンにもチェストベリーが配合されていますので、効果が強く出てしまう可能性があります。ハーブティなどに含まれていることがあるため、気づかないうちに摂取してしまっている可能性があります。ハーブティを飲む場合には何が原材料になっているのかをチェックしておくようにしましょう。また、グレープフルーツやグレープフルーツジュースも飲み合わせに注意したいものです。プレフェミンの効果を強くしてしまう可能性がありますので、どうしても食べたい、飲みたいという場合には時間を空けて飲むようにするか、プレフェミンを服用中には食べないようにしておきましょう。

 

 

 

チェストベリーの効果、特徴、摂取方法とは

チェストベリーはチェストツリーと呼ばれる植物の実で、昔から女性用のハーブとして使用されています。チェストベリーの期待できる効果は、PMSの改善やバストアップ、更年期障害の改善などです。ホルモンバランスが整うことが特徴で、女性特有の症状の改善に大いに貢献します。
PMS症状は月経前に黄体ホルモンが過剰分泌することにより、女性ホルモンのバランスが崩れることによって発症します。チェストベリーを摂取するとホルモンバランスが整い、頭痛や腹痛、イライラ感などの女性特有のPMS症状が緩和されます。PMS症状は病気ではなく女性に特有の自然現象ですので特効薬はありません。チェストベリーは薬の代わりになり、つらいPMS症状を和らげてくれます。あくまでもハーブであり、薬ではないので、副作用の心配はありません。
チェストベリーを摂取するとバストアップに良い影響を与える理由は、黄体ホルモンの分泌が促進されるからです。黄体ホルモンは乳房を大きくするために必要になるホルモンであり、黄体ホルモンの量が増えることによってバストアップを目指せます。女性ホルモンの量も増えますので、女性らしいふくよかで美しい体型になっていきます。
チェストベリーはサプリメントやハーブティーなど、いろいろな商品が販売されており、摂取方法は商品によって違いがあります。チェストベリーのサプリメントは錠剤やカプセルがほとんどで、錠剤やカプセルを経口摂取するのが摂取方法になります。ハーブティーは紅茶を飲む時と同じような方法で摂取を行います。
チェストベリーは継続して摂取することが大切で、ある程度の期間をかけて摂取しないと効果を実感することはできません。飲むとすぐにバストアップができたり、PMS症状が改善できるわけではなく、時間をかけて徐々に良くなってきます。即効でホルモンバランスが整うことはありませんが、体質は徐々に改善されてくるため、体質改善できるとバストアップやPMS症状の改善に繋がります。

 

 

 

【おすすめランキング】に戻る↑↑

-